PC、CS問わずゲームの感想や情報、プレイ日記を更新してます。ただいま『トリック×ロジック』『フォークスソウル 失われた伝承』を応援中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 では、まあ本編いってみましょうか。

 仲間と共に「悪魔」を退治しに行ったら、何故かその「悪魔」に助けられるという不思議な体験をカレン・ケーニッヒ少尉がするところから、このゲームは始まります。そういえば、最初にプレイしたときは、この辺りの事情がよくわからなかったな。ウルが爆風からカレンを守っておいて、ポイッと捨てた理由とか。重かったのか。

 まあ、一応「悪魔」を倒そうとしたわけで。仲間はすべて返り討ちに遭っているんですが、カレンはこの件から引きません。かといって、そのまま突っ走ってもまた返り討ちに遭うだけなので、彼女の上官がある男を紹介してくれます。ニコラス・コンラド枢機卿なるその男は、さわやかな笑顔が光る、子安ボイスのめちゃくちゃ怪しい男

 彼と共に最初のダンジョン「アポイナの塔」に向かいます。彼曰く、ここに安置されている「ある物」を取りに行くということ。リングによって支配されている、本シリーズ独特のバトルシステムについて何度か説明されますが、一度聞いているのでスルー。簡単に説明しておきますと、どんな行動を取るにしても(防御はいらなかったかも)リングが回って、範囲内で止めれば行動成功という感じ。失敗するとターン消費で次のキャラクターへ。
 前回はSPが切れ「暴走」状態になり(毎ターン消費するSPがなくなると、キャラクターに指示できなくなる)、苦戦したボス戦も今回はあっさりと撃破し、目的のブツ「ヤドリギ」を入手し、再びドンレミへ。

 今度は教会に直行ではなく、森から歩かされます。見えないアイテムも着実に獲得しつつ、森を進むと、村へ到着。住民は誰もおらず、あるのは狼の遠吠えだけ。ニコルの言葉によれば、住民に危険を知らせているということで、なにやら雲行きが怪しくなってきた……、と思ったら、教会に着いてすぐにニコルは正体を現します。
 彼は「サピエンテス・グラディオ」なる謎の結社のメンバーで、「神殺しの男」、すなわち「ドンレミの黒い悪魔」ことウルムナフ・ボルテ・ヒュウガの命を狙っていたという。えっその理由? 自分の獲物を彼に奪われたからです

 ウルに続いて、ニコルの部下レニも村の娘ジャンヌを人質に登場して、まあ色々ありますが、最終的にはカレンを庇ったウルがニコルに刺されて、叫びます、松田優作ばりに。シリアスな展開なのにこまめに笑える展開が挿入される、それがシャドウハーツ。
 展開としては普通にニコルが「ヤドリギ」でカレンを刺そうとするところが謎ですね。一応伏線なんだろうか。それとも仲間がカレンに撃たれてたので、仲間を放っておけない何気に熱いキャラクターなんだろうか、ニコル。ニコルのパーティを操作してプレイする部分もあるみたいだし、単純に「敵」というわけではないのかも?
スポンサーサイト

 1915年、第一次世界大戦が始まって半年。
 フランスに進出したドイツ帝国群は、魔物が棲むと恐れられるフランス北部の小さな寒村・ドンレミを制圧できずにいた。
 ドンレミに派遣されたドイツ帝国陸軍少尉、カレン・ケーニッヒの小隊は村の古い教会へと突入する。
 そこで小隊の隊員たちが見たものは、硬質の黒い翼を持つ「悪魔」の姿だった。
 カレンを除く全員は「悪魔」に倒され、薄れゆく意志の中でカレンが最後に見たのは、人の姿へ戻る「悪魔」の後ろ姿だった。


 前作『シャドウハーツ』も無事終え、満を持してプレイ開始。
 前作をプレイしてから始めると、最初のムービーで涙が出る人間がちゃんと動いてる、その事実に感動してしまう。

 アリスが「四仮面の呪い」に敗れてから半年。ヨーロッパの片田舎から物語は始まります。本来ならアリスと共に探していたであろう、ウルの「幸せ」。それを巡るお話になるのかなぁ、という印象を受けました。

 これだけでも前作をプレイしておいて良かったなぁ。数ヶ月前はそれすらわからずに、とりあえず前作からプレイしなきゃ、と思っただけだし。前作で「生きる」決意はしたものの、「幸せ」とはほど遠いウルが「幸せ」を掴めるのか、ってお話のようだ。

 そういう意味では、間違いなく前作をやってからの方がしっくり来る、というか、間違いなく前作をやってから遊ぶゲームですね。まさに「続編」と呼ぶにふさわしいタイトル。

 ファーストプロデュース、三浦あずささんと戦った一年間、52週の戦いが終わった。ものすごく普通なEND。地味すぎて悔しい。

 楽曲は「My Best Friend」「蒼い鳥」「relations」「ポジティブ!」「9:02pm」を選択。普通に前の曲には戻れるんだと思って、序盤流行が変わる毎に曲を変えてしまったのが問題だった。最後の二曲は二つともマンネリですね、とかいわれたよ。

 個人的に好きなのは「蒼い鳥」なんですが、「お別れコンサート」でのあずささんの反応を見る限り、彼女的にはしっくり来てない感じ? それぞれに合う曲(持ち歌)みたいなのがあるんだろうか。すごく喜んでいた、というか、ほくそ笑んでいたのは、最後に選んだ「9:02pm」なんですが……。

「お別れコンサート」は成功させましたが、最終的なアイドルランクはC、プロデューサー評価はBと、何とも中途半端な結果で、あざささんとプロデューサーさんはさっぱり別れて行かれました。最後に何か形に残るものをプレゼントしたい、というあずささんに対して、プロデューサーさん、キスを要求してましたけれど。それは形に残りません

 今回は、様子見程度のつもりでプレイしたわけですが、ちょっと悔しいですね。何というか、半端すぎて。トップアイドルになったわけでもなく、かといってアイドルをやめて他の道を進んだわけでもなく、これからもあざささんはアイドルの道を進んでいくわけで、プロデューサーの実力のなさをはっきりと突きつけられた感じ。

 やはり、終盤営業を連発したのがいけなかったか。何かあずささんとの会話を楽しむという、ギャルゲー的な楽しさに目覚めてしまい、プロデューサーとしての本分放棄してしまった感じだった。最初の真面目なおつきあいのままが良かったですね。その辺りプロデューサーさん自身があずささんに指摘してましたけれど、犯人、おまえだよ



 続けて、二人目行きます。
 次は結構悩みますね。プロフィールを見る限り、あずささん以外にお気に入りがいないので。うーん。今回は割とおとなしめな曲ばっかり選んでいたような気がするんで、アイドルアイドルしている曲を歌えそうな子にしようかな。アイドルマスターの顔らしい「GO MY WAY!!」という曲も聴いてみたいし。

 Xbox360買ったらやっとけよ、的なタイトルなので、二週目準備中のヴェスペリアの合間にプレイ開始。アイドルとか全然興味ないんですけれど、これイイな。末永く遊んでそうなタイトル。DLC(ダウンロードコンテンツ)に大金をつぎ込んでいる人がたくさんいるのもわかるわ。

 ファーストプロデュースは三浦あずさを選択。
 やっぱ年上キャラだよなぁ、と思って、説明書のプロフィールを見ると二十歳。同い年。年を取るのは辛い。こういうところに現実を感じてしまいます。

 ファーストプレイということで、本能赴くまま縦横無尽にプレイしようかと思ったのですが、意外と真面目に、ビジネスライクなおつきあいをさせてもらってます。営業とレッスンとオーディションを満遍なく選んでる。楽しむのは2プロデュース目以降かな。