PC、CS問わずゲームの感想や情報、プレイ日記を更新してます。ただいま『トリック×ロジック』『フォークスソウル 失われた伝承』を応援中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 白い花は、ただ春を待つ。

 一週目。メイドのなるみさんといちゃこらしている間にも起こる事件を止められず、七憑きの贄を捧げられ、バッドエンド。殺されたのは、六曜、藍、紅緒、御巫、詩音、想子、摩夜の順だったかな。

「Akari.M」という名が縫われたハンカチを持つ、あかねさんが犯人か?という流れになったんですけれど、どうだろうなー。何か名前を偽る理由があることだけはわかるんですが、それが昔にも似たような事件があったということに繋がっているだけで、犯人ではないような気がしている。

 まあ、そこはゲームを進めばわかるだろうし、現状気になっている点は二点ぐらいかな。

・六曜らしき死体は、聖堂で殺された? 後に、聖堂を現場検証すると、詩音の髪が落ちており(襲われた?)、かつ聖堂の赤い絨毯には黄色い粉のようなものが残っている。調べ損なったんですが、死体の背中に埃っぽいものがあったというのは、紅緒さんの証言

・血の繋がっていないはずの詩音が妙に大事にされている。塔に幽閉されているのは隔離ではなく、護衛のためっぽい。
スポンサーサイト