PC、CS問わずゲームの感想や情報、プレイ日記を更新してます。ただいま『トリック×ロジック』『フォークスソウル 失われた伝承』を応援中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今更ですが、体験版『エンドオブエタニティ』の感想をば。元々横よりも縦に深そうなキャラクターや世界観に期待していた作品ですが、今回のデモで戦闘が一番の楽しみに。ここまでハマったのは初めてかもしれない。

 最初思い通りに操作できない時はどうなんだろう、と思ったけれど、自在に動かせるようになってからが本番。ハマれば、めちゃくちゃ面白い戦闘システムになってます。というか、面白すぎて毎晩毎晩やってます。格好イイアクションを手軽に、ということで開発された戦闘システムで、確かに慣れればその通りですが、その格好イイアクションをゆっくり見ている余裕はあんまりない(笑)。次誰を狙おうか、どこにいるのか、どの方向へ十字キーを押せばそのターゲットに変更できるのかといろんなことを考えることになるので。

 こんなことを言われると、操作が難しそうだと思うかもしれませんが、システムはいたってシンプルです。シンプルゆえに応用が利くというか、深いんです(今言った部分はそこに当たります)。

 システムについてはこちらの動画がわかりやすいので↓


 僕はXbox360版を買うつもりでいるのでXbox360のチュートリアルムービーをあげましたが、PS3版のもあります

 最後の方に説明されるインビンシブル・アクション(以下IA)が基本的な攻撃手段になります。なんで、あまり通常攻撃は使わないです。ISゲージを消費するIAを使いつつ、いかにそのゲージを保ちながら戦うかが本作の肝になってます。ISゲージがゼロになるまではダメージが確定しないので、ISゲージはいわばHPとMPを合わせたものだと思えば、わかりやすいかも。

 ISゲージは敵を倒したり、一定量のダイレクト・ダメージを与えれば回復し、スクラッチ・ダメージを受けすぎると減ります。なので、ここに戦略性が生まれるわけです。ISゲージを回復するためにはダイレクト・ダメージを与えなければならない。だけど、ダメージが大きいスクラッチでは増えないし、肝心のダイレクトは威力が低い。さてどうしよう、というような。
 体験版に収録されているニューカマーモードや序盤のノーマルモードならあまり気にしなくても大丈夫ですが(この難易度をクリアすれば製品版も十分に戦えるらしいです)、高難易度になればなるほどスクラッチダメージをいかに確定させていくかが焦点になってきます。この辺りのさじ加減が絶妙で、考えるのがめちゃくちゃ楽しい(^^)

 最初今までにない戦闘システムなので戸惑うかもしれませんが、ハマれば中毒性があります。なので、PS3かXbox360を持っていたら、是非一度触ってみてください。
 他のシステムや世界観、キャラクターなどについてはこちらをどうぞ。
スポンサーサイト