PC、CS問わずゲームの感想や情報、プレイ日記を更新してます。ただいま『トリック×ロジック』『フォークスソウル 失われた伝承』を応援中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 第七話『ライフリング・マーダー』、一応調書もできたので、応募完了。どうやって殺人を犯したのかという部分については割とすぐ思い浮かんだんだけど(麻耶雄嵩のファンとしては、これ外せないっスよね(笑) かなり「らしい」展開。久々に読みたくなったなぁ)、どうやって犯人を絞り込むのかという点については偶然出てきた「ヒラメキ」で、ああ、そういうこと!?と納得。

 今回もゲームのシステムに助けられた感じだけど、やっぱり僕はあくまで『TRICK×LOGIC』をゲームだと思っているので、全然アリ。以下ネタバレ攻略情報(調書の内容)なので反転しますね。

 ここから----------------------------------------

 犯人が「屋敷」の屋根に望のハンカチを引っかけた理由って本当に意味がわからないんだけど(屋敷から書斎は撃てないわけだから偽装工作にならない)、そこに犯人がしてしまった致命的な「勘違い」が見えてくる。

 望に罪を被せるため、屋敷の屋根にハンカチを置いたというのなら、犯人はそこからなら犯行が行えると思っているということ。つまり、犯人は屋敷から書斎を狙えると「勘違い」していた人物。そして、ここから出てくる、驚くべき真相は、犯人がそのような勘違いができたからには屋敷から湖上庵の書斎が実際狙えたということ。つまり、(島自体が濡れていなかったので、動いたのは湖上庵ではなく)島が回転しちゃって、犯行当時屋敷から撃てたということだ!!(笑)

 これはもう麻耶雄嵩さん「らしい」としか言いようがない。素晴らしいバカミス。やっぱり、麻耶さん最高だよなっ!! システムに助けられ、すーっと筋が通った時に、腹の底から大笑いすることになった(笑)。うおー、こんなミステリー、真っ向から本気でやるとか、バカすぎる。素晴らしい。

 そんなわけで、「陸」からなら撃てるのでは?と発言をし、屋敷から撃てると思い込んでいた由衣が犯人。動機としては、想像するほかないんだけど、望に罪を着せようとしたことから、彼女が本当の好きだったのは小春の方だったということかな? 島が回転するなんて言う「奇蹟」が起きない限り、動機もあり銃に硝煙反応もある望が犯人扱いされるのは間違いないだろうし。本来なら、凄く簡単な事件だったはずなのに(というか、そもそも起こりえなかったはずなのに)、自然というのは予測不可能なものに翻弄された、切ない事件だった。

 というわけで、調書は、

問1:ぶら下がって撃つ屋根を屋敷の屋根と勘違い
問2:犯人は屋敷の二階から撃った
問3:水位が上がっても島は水没しなかった
   島が動いて煙突が見えるようになった
問4:由衣は屋敷から書斎が撃てると思っていた
犯人:信木由衣


 ----------------------------------------ここまで
スポンサーサイト