PC、CS問わずゲームの感想や情報、プレイ日記を更新してます。ただいま『トリック×ロジック』『フォークスソウル 失われた伝承』を応援中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 一応エピソード全クリア。クエストは全然やっていなかったのだが、唯一やっていた「お土産」というクエストが、核心に迫る内容だったのに驚いた。他にも、物語の解釈に関わりそうなクエストがあるのかなぁ。有料のダウンロードコンテンツもすべて購入しているので、プレイしてみよう。本筋の物語を楽しんだ程度ではやめられない。まだまだあの世界に触れていたい。

 ラスボスとの戦闘は割とあっさりと攻略できた。本作のボス戦はすべて特定の戦い方を要求されるので、戦い方に気づけばそこまで難易度は高くない。今回も電撃攻撃かわせねーよ、と思ったら、マラバリクで遠距離攻撃を試みれば、良かった。エレンの霊衣を「白夜の霊衣」にすればもう少し楽に戦えたとは思うけれど、やはり「黄昏の霊衣」は外せない(笑)。「頭隠して尻隠さず」という言葉がこれほど似合う服装もない。基本的にバックからのカットが多い本作なので(しかもコスチュームの変化はムービーにも反映される)、十分すぎるほどセクシーな背中とお尻を楽しんだ。前からの隠しっぷりと後ろの開放感とのギャップがたまらない。

 個人的には、ここよりもリヴァネの方が強敵だったかな。強敵というか、一度負けたらかなり戻されるので恐怖。エレンだとそこまで進むのが一苦労なので、キーツでダンジョンを進む。ラストダンジョン「天津が原」はほぼキーツで進んだ。変幻自在にフォークスを操るエレンよりも、とりあえず殴っとけば勝てると言わんばかりのキーツの方が僕の性に合ってる。ちなみに、二人の印象はそれとは真逆(エレンの方が無鉄砲で、キーツの方が慎重派)。

 シナリオは後半怒濤の展開で、めまぐるしく価値観が入れ替わる展開が面白かった。暗躍した妖精王の真意が明かされ(異界と現世を別つ、すなわち死と生を、過去と今を切り離す)、妖精たちからは世界を元通りに戻すように諭され、そして、自分が殺したかもしれなかった少年エルヴェからの想いが届いたところで、死生観に対する概念闘争は決着。セシリア……エレンにとってそれは大きな第一歩なんだけど、さらっと流して、あれっ?と思ったところで明かされる、最後の真実に衝撃。これは、まったく予期していなかったので、驚いた。

 キーツが異界の住人であるという事実(彼自身はそのことを知らなかった)。彼は「アンノウンレルム編集部」という異界に住んでいるハーフライフ(妖精のようなもの。だからこそ、EDに出てくる女性記者はキーツを認識してない=異界を信じない人には見えない)。ここで交わされるエレンとのやり取りが今までの物語を凝縮していて、大満足。なかでも、

 レムリックに来て良かった

 というエレンの言葉に涙腺も緩む。最近弱いんで、どんどん緩んでいる。これ、もうね、すごく深いっスよ。

 キーツという存在自体が生まれたのは、エルヴェに原因があるわけで(彼の将来の姿と言ってエレンが描いたのがキーツ)、おそらくはエルヴェが死の床で思い描いた世界があの「アンノウンレルム編集部」なんですよ(異界は人の死のイメージから生まれる。そして、時として死はありえたかもしれない未来を夢見させる)。「レムリックに来て良かった」と思わせてくれたエレンと自分の妹(シュゼット)の幸せを死に際に思った彼が、思い描いた異界。その世界の住人キーツが、エレンに呼ばれ(電話の主は彼女)、レムリックへ向かう。そして、最後に言われた、あの言葉。

 レムリックに来て良かった。あなたに会えた(エレン)

 十七年前エルヴェからセシリアへと届けたかった想いが、今度はエレンからキーツへと届く。 十七年前届けようとしてもおそらくは届かなかったであろう、その想いが(エルヴェの死の真相を受け入れられなかったセシリアなので、当然この感謝の言葉も届かない)、十七年の時を経て真実を受け入れ、そして、その答えを返すという。このシーン、ものすごい好きだ。
スポンサーサイト