PC、CS問わずゲームの感想や情報、プレイ日記を更新してます。ただいま『トリック×ロジック』『フォークスソウル 失われた伝承』を応援中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「そかな? 忍ぶ女に見える?
そう言われると自分の存在意義を認められたみたいで嬉しいな」(天城夏夜)


 第5話「尽くしんぼう」と第6話「女心と嵐の夜と」の感想です。



■第5話「尽くしんぼう」

 この話は、特に何もなかったかなぁ。前話ラストに夏夜さんも「テラスハウス陽の坂」にやってきて、たびたび理くんに夜這いをかけたりするぐらい。

 どれだけ夏夜さんが迫っても、理くんは美都子ちゃん優先なので、なかなか報われないんですけれど。個人的には、いちばん好きなヒロインなので、報われてほしいなぁ、と思いつつも、夏夜さんはサブキャラの方が目立つタイプなんだろうなぁ。

■第6話「女心と嵐の夜と」

 冒頭の、縁側で浴衣姿の夏夜さんに、惚れた。

 前話でようやく決まった再〃就職先「道浜商事」も、実はめちゃくちゃお人好しだった澤嶋さんがほのめかした通りに、ワケありの会社で……。その状況を打開しようと、クーデターの準備をしているところを見つかって、理くんクビ。協力しようとしていた平木課長だけは何とか逃がすんだけど、理くんはブラックリストにまで名前が載せられて、絶望的な状況に。奇しくも、外は大荒れの空模様。そこで選択肢。

 絶望的な状況になって、電話をかけるのは、
 テラスハウス陽の坂? それとも夏夜さんの携帯?

 迷うこともなく、後者を選択し、尽くし系ダメヒロイン天城夏夜編へ。

 ワンコールで電話を取り、嵐の中駆けつける夏夜さんの本気っぷりに、理くん本当に大丈夫なのか……?(つまり、ちゃんと夏夜さんの愛情を受け止められるのか)と不安になりつつも、雨の中絶望に浸る理くんを抱きしめて、

「弱い理くん、もらったよ…大家さん」

 という辺りが、しびれた。身長差をうまいこと描いた、技ありのカットです。そうだよなぁ、まっすぐには描けないよなぁ、この身長差だと。

 相変わらずうまいんだけど、全く(読者が)欲情しない濡れ場を経て、理くん復活。……まあ、なんだ、理くんも男の子なのね、としか(苦笑)。
スポンサーサイト