PC、CS問わずゲームの感想や情報、プレイ日記を更新してます。ただいま『トリック×ロジック』『フォークスソウル 失われた伝承』を応援中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まだ…三人でいられるわよ。
だって私たち、やれることはすべて成功させたんだもの」(澤嶋姫緒)


 二話ずつまとめるのがまどろっこしくなってきたので、まとまったところで感想を書くことにします。今回は澤嶋姫緒編終了まで。普通に泣いちゃったよ。良いお話すぎる。



 天城夏夜さんルートへと分かれる嵐の夜の選択に戻って、今度はテラスハウス陽の坂に電話をかけました。こっちだと、理くんが一人で立ち上がります。ホント、美都子ちゃんのことになると、別人になるなぁ、理くん。アダルトな意味なんて全然なく、どちらかというと子供っぽい理由で一晩中美都子ちゃんを抱きしめることになるんですが、それを見て、夏夜さんは身を引きます。引き際もちゃんと心得ている辺り、ますます惚れそうです(笑)。まあ、このあとは、テラスハウス陽の坂の住人化して、出番がほとんどないんですが(苦笑)。

 この夜を境に、美都子ちゃんは「リストラさん」から「理くん」へと呼び声が変わって親密度アップ。



 さて、肝心の姫緒さんはというと、この人もたいがいダメ女でした。てか、理くんに惚れた途端、ダメ女になったというか。依存系ダメヒロインと呼ばれる通りに、おんぶにだっこ理くんに寄りかかりっぱなしで、ホントにダメッダメでした。美都子ちゃんに嫌われたくないのに~、と想像するだけで、泣き出しちゃったりとか。

 それでも、最後には、美都子ちゃんの大好きなテラスハウス陽の坂の土地が奪われそうな算段になると、世間知らずなダメ女姫緒さんも立派な大人へと成長していて、あの勝利のピースサイン――二本ではなく、三本――のシーンは、じわじわと感動が押し寄せてきます。

 そして、最終的には甘ったるいハッピーエンド。誰も悪者なんていない、すべては善意の所行。だけど、それぞれが愛情表現が下手で伝わってなくて。それが最後に解消されるという、絵に描いたようなハッピーエンド。甘い、甘ったるい、甘すぎる、でも、心地良い。誰もが根底では夢見ている、誰もが優しければ世界はきっと優しいものになる、という幻想。だから、良いんだよこれで。最後の方はもう存分にぼろぼろになって泣いちゃってたよ。

 この澤嶋姫緒編がいちばん収まりが良いような気がしました。美都子ちゃんの役所とか特に。五年経ったら、一緒に理さんのお嫁さんになろうっていうのは、どうかと思うけど(苦笑)。



 一応、作品の骨となるのは、愛情表現が下手な人たちということになるのかな。色仕掛けで解決しようとしたり、お金で解決しようとしたり。それが解消されて、ちゃんと愛情が伝わる、と。

 次は、作中もっとも愛情表現が下手っぽい香野麻実編へ行って参ります。
スポンサーサイト