PC、CS問わずゲームの感想や情報、プレイ日記を更新してます。ただいま『トリック×ロジック』『フォークスソウル 失われた伝承』を応援中
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 どうしてこうなっちゃうんだろう?(小木曽雪菜)

 せつねええええええええ!!

 一週目クリア。三角関係を扱っている物語ですが、今までの「丸戸作品」が楽しめたのなら、間違いなく楽しめると思うし、今までの「丸戸作品」をいい人ばかりでつまらないと思ってた人はより楽しめそうな作品。ちゃんと素直に自分の気持ちを伝えて、それが最低なことなら自分を責められる、そんな「いい人」たちばかりだから、どんどんお話がこじれていくというのが非常に面白いアプローチです。下手に隠してこじれるっていう話なら、ちゃんと言えよとプレイヤーも突っ込めるのですが、こういうお話ならどうやったら解決すればいいのか(どう言えば、解決できるのか)、ちょっと思いつかないです。純粋に本編「closed chapter」が気になる。

 ネタバレですけれど、これ「introductory chapter」(=序章)であるにも関わらず、ほぼ決着がついてしまうんですよ。雪菜とかずさ、ダブルヒロイン制のように見せつつも、明らかにメインヒロインはこっちでしょと思えるような結末を迎える。というか、割と最初の段階から、「運命の二人」のなかに割り込もうとしているのは誰か? 「途中参加」しているヒロインは誰なのかというのが、明かされてしまう。これ、僕的には予想外だったので、かなり驚いてしまったのですが、話が進めば進むほどわかってきます。

 本当に最初からこの「二人」は惹かれあっていて、それを言えないというただそれだけで、その一方の子には申し訳ないんですけれど、すでに「決着」がついている。最初から二人と一人でしかなかった。一瞬だけ「三人」になれた瞬間があったというだけで。

 ……ということをちゃんとわかった上で、その子は行動するからタチが悪かったりするんですが(笑)。誤解が起きるのであれなんですけれど、この子本当に「いい子」なんですよ。丸戸作品らしい、ちゃんと女の子の駆け引きができる女の子というだけで、そういう行動をしてしまう「きっかけ」というのもちゃんとわかる。ちょっと脱線してしまうんですが、その背景が何気に武也と被ってそうなのは、本編に向けての仕掛けなんですかね。特別な人を作らないようにいろんな女の子をとっかえひっかえしている武也と、大好きな人たちから「仲間外れ」にならないように行動するあの子の原体験ってかなり被っている――ような気がする。だからこそ、「introductory chapter」の段階で一番恋の鞘当て的な問題をわかっているんですよね、この子らは(依緒よりも武也の方が、二人よりも「一人」の方が状況をよく理解している)。

 あー、いや、脱線のつもりで書いていたんですけれど、あれ、違うかも? 本編のキーマンは何気に「武也」か? 本作『WHITE ALBUM2』の考察で、かなり参考にしているエントリーに、下記のものがあるんですが、

「粋」から「無粋」へ踏みこむ恋の物語/『WHITE ALBUM2 -introductory chapter-』 - ピアノ・ファイア

 この記事で本作が目指しているのは「メインヒロインを選んで、サブヒロインのその後を安心できる形でちゃんと描ききる」ルートではないかという考察が出てきて、僕はそれに全面的に同意なんですが、それは何故かというと、「序章」の段階で、メインヒロインの問題、親子関係のわだかまりが解消されてしまうんですよね。そして、その子と主人公が結ばれるための障害っていうのが、この「一人ぼっち」を極端に嫌う女の子の「物語」をどう扱うかということに絞られている。メインヒロインと結ばれるために、サブヒロインの問題を攻略する必要があるという、ちょっと面白い構造になっているのです。

 で、最終的には、いかに最初の「二人と一人」という関係に戻すのかというところに焦点が当てられるのだと思います。本作では何度となく、「三人」だの「二人と一人」だのという括りが本文に見られるのですが、元は間違いなく「二人と一人」の物語だった。

 冷たい風を震わせて、歌が聞こえてきた――
 夕暮れの音楽室で俺が奏でるギターに合わせるように。
 隣の教室で誰も知らない誰かが奏でるピアノに合わせるように。

 屋上から響いてきた、鈴が鳴るように高く済んだその声は、
 バラバラだった俺たち三つの旋律を繋いでくれた。


 歌が三つの旋律を繋いでくれたという背景には、きっと歌が二つの旋律に惹かれてやってきたという側面もあって。だから、二つと一つの旋律だったものが、三つの旋律として重なった瞬間があったというだけで。学園祭のライブという限られた瞬間場所で、本当に「三人」になった瞬間があったというだけで。やっぱり、二人と一人の物語だった。この後そんな一瞬の貴い時間をずっと続けようとして、序章ではそれぞれがバラバラになってしまったという、ある意味バッドエンド。

 なので、おそらく本編では、この「唯一」三人になれた瞬間を再現するため奮闘するエピソード。まずこれを描いて、その後いかに一人が一人で生きていけるか(それはすなわちその子のトラウマをいかに克服するのか)、二人と一人できっちり分かれるかというお話になっていくんじゃないかなぁ、と。そこで、「三人」にとって何よりも大切だった、尊かった「瞬間」を再現するキーマンが武也なのではないかなぁ、と思ったりするのですが。今回もその一瞬を影ながら支えていたのは、彼ですし。んー、続編が楽しみだ。まずは付属の小説を読んで、もう一週プレイしてみよう。

→付属の小説は必読らしいので、初回限定版をおすすめしておきます。

WHITE ALBUM2 -introductory chapter- 初回限定版 (予約キャンペーン特典「オリジナルフィギュア」付き)
WHITE ALBUM2 -introductory chapter- 初回限定版 (予約キャンペーン特典「オリジナルフィギュア」付き)
クチコミを見る


→んー、主題歌がめちゃくちゃ切なくて、いい。ヘヴィリピート中。

届かない恋
届かない恋

 チャプター6~8まで、クリア。ストーリーもだいぶ核心に迫ってきたところで、ペーターの退場に泣ける。プロローグで渡した天頂の星、クオーツがここで絡んでくるとは。

 チャプター6「病」では、リーンベルが風邪を引き、風邪薬を取りに行くために、ヴァシュロン、ゼファーの二人でシルバーキャニオンを探索することになる。三人じゃないとRAが使えないので、がらっと戦略が変わってくるのがすごいな。速攻で倒しにくくなるので、いかにISゲージを回復していくのかが重要になっってくる。ゼファーにマシンガン二丁、ヴァシュロンにハンドガン二丁持たせて、回復度外視で行くとちょうどいい。
 ハンドガンを二つ持たせていると、ゲージクラッチ性能が上がるので(単純に弾数が増えるから)、それで相手の装甲を区切りつつ戦うのが定石になるのかな。追撃が恐ろしいまでに威力を発揮するチャプターでもある。まあ、僕は鍛えすぎていたので、ボス戦でもごり押し可能でしたが。この真価はチャプター8で体感したなぁ。打ち上げ、打ち落とし、追撃、どれも無駄のないシステムで、状況によって使い分けていける。ホント練り込まれたバトルシステムだ。

 ストーリー面では熱にうなされるリーンベルの過去が垣間見える。ゼニス攻略のため二十歳で死ぬように設定された彼女が、それに対抗しようとして自殺したのがOPなんだけど、そこまでをダイジェストで見せて、最後に現実へとフィードバックする一連の流れがとてつもなく美しい。死へ向かって扉を開いた昔とは違って、今開いた扉の向こうにはゼファーとヴァシュロンがいるという。その二人に抱きつくリーンベルとか、もう! この三人が大好きすぎるな!

 チャプター7「星の鉱脈」では、元軍人ゲルシーを討伐する依頼をサリヴァンから受ける。なんか前々から噂されていた凄腕の軍人なんですが、正直彼よりもダンジョンを進む方が大変だった。しかし、彼が登場した時のインパクトはすごかった。基本一回登場したら忘れられないのがEoEのキャラですが、その中でもすごく印象的。すごくお婆ちゃんっ子(嘘は言ってない)。

 ゲルシー撃退後、サリヴァンが現れ、リーンベルと邂逅。えっ大丈夫なのか!と思ったけれど、大丈夫だった。気づいたけれど、ヴァシュロンに大事にしてくださいねといって、去っていった。なぜ生きているのか不思議がっていたけれど、一度死んで蘇ったのか(過去の記録に「復活」という概念がある)と考えるも結論は出せず。

 チャプター8「初デート」では、ペーターからリーンベルへ護衛依頼が来る。まあ、あからさまにデートの誘いで、嫌がるリーンベル。そして、ノリノリなヴァシュロンはいつものことだが、地味に気にしてコーヒーを飲みながらチラ見しているゼファーが印象的だった。やっぱり気になるのか。この辺りの微妙な感情の描き方が好みなんだよなぁ。押しつけすぎず、かつ控えめしすぎず、実に自分好みのバランス。どうとでも取れるからな。

 案の定デバガメるヴァシュロンとゼファー。ここで再び彼ら二人でのダンジョン探索となる。装備構成はチャプター6と同じ。僕は持っていなかったけれど、対感電用の装備があると楽かもしれない。基本打ち上げて、追撃でゲージクラッチを狙い、相手の攻撃を防ぎながら進むといい。
 ボス戦も同じ戦い方をすれば、ほとんどダメージを受けずに済む。近接攻撃持ちがほとんどなので、相手がいない方へいない方へ動けば、さらに気楽に戦える。久々に全装甲を剥がしてから撃破することができた。

 思いの外良い雰囲気の二人のところにモンスターが現れ、ペーターが戦いを挑む。そのとき彼のクオーツが壊れ、そのまま彼も死んでしまった。・゚・(ノД`)・゚・。 ゼニスの寿命管理システムはクオーツを介して行われるので、それが砕けるとその人も死んでしまうらしい。だから、前チャプターで占拠された鉱脈を取り戻そうとしたということみたい。

 チャプター5「変わりゆくもの」へ。この章はだいぶやりがいがあったなぁ。さらに下層へ進み、新しい街(クラウンタウン)が登場したので、カスタマイズの幅が広がったのも大きい。おかげで「鉄くず」が足りなくなってしまいました。お金の方は意識して、打ち落とし、打ち上げ、追撃を使っているので、そこまで困ってないかなぁ。

 ストーリー面では、ついに満を持してバーバレラ様が登場。ブティックの店員がだいぶ前から噂していたので、どんな美女がやってくれるのかヴァシュロンがどう反応するのか楽しみにしていたけれど、思いの外普通であった。いけ好かない女には、ヴァシュロンちゃんと対応するんだ。いや、不自然なまでに揺れ動いているものに、ビッグマグナムがどうこう言っていたけれど。やっぱりリーンベルには殴られたけれど

 依頼のワインを取りに行く前に、ミッション攻略。ガリジャーノンの依頼にだいぶ戸惑った。基本普通にストーリーを進めていたら、これは引っかかる。若本の言葉は罠だ。これまで色々なところを旅してきた君たちだから神像の写真を三枚撮ってくるのも余裕だろうみたいな依頼だけど、この時知っているのは一件だけ(ルキアのダウンタウン奥にあるやつ)。わからなければエベルシティで聞けばいいと言うけれど、一つは彼の屋敷のメイドが教えてくれる(ジャンポールの屋敷)。最後のはクラウン神学校にある。全然わからなくて一通りダンジョンを回ってしまった。若本の依頼はこれからも慎重に取り組もう。

 目的のワインを求めて、シルバーキャニオンへ。別名バーバレラの冷蔵庫とも呼ばれているだけあって、登場するモンスターのほとんどは凍結攻撃持ち、炎が弱点。火炎瓶やバーン弾を補充して向かった。開始早々のリーンベルとゼファーのやり取りが良い。寒がっているリーンベルに、コートを貸そうかっていうだけのことだけど、普段ゼファーがぶっきらぼうなだけに、ほんわかする。これは確かにヴァシュロンも二人の方がいいのかねぇと言うわ。お熱い
 ここのボス、イエティが強敵だった。普通に凍りまくった。何でだろうな、防氷ベストつけて挑んだんだけど、基本イエティの攻撃を喰らえば凍っていた。壁を使っての戦術も考えてみたけれど、効かず。レベル上げに勤しんだ。全員グレネードのレベルが低いので、グレネード優先で。事前にスクラッチダメージを与えていれば、ハンドガンや投擲で確定させた時もその分経験値が入るので、それを重宝して、平均レベル35で挑んだ。一発目の攻撃をしのげたら、RAでなんとか撃破。目的のワインをゲット。ついでに良いワインをゲット。一応未成年のゼファーは置いてきぼりに、ノリノリの二人が印象的だった。先に帰ったゼファーとペーターの哀愁漂うやり取りが何とも言えなかった。マジでペーター何を話していたんだろうな、気になる。

 ああ、OP別のバージョンもあるのか(ゲーム開始時にスタートを押さずに置いておくと見られるようです)。ロエンとフリーダ、サリヴァン側のストーリー。感想には書いていなかったけれど、リーンベルたちのほのぼのとしたPMFのストーリーと、バーゼル(人々が住んでいる機械のこと)の真実を知るロエンたちのストーリー、2本仕立てになっている。
 この世界では神様が人の死を管理しているんですが、実はその神というのがゼニスという機械で。文字通り「それ」によるフリーダの理不尽な死を受け入れられず、ロエンはサリヴァンと共にゼニスを掌握しにかかっている。ロエンとフリーダの関係が微妙なんですが、指輪が出てくるから愛し合っていたのかなぁ。ゼファーとリーンベルといい、レベッカとサリヴァンといい、形は違えど、「愛」らしきものがあるので。何気に、ここに三人である意味がかかってくるのかなぁ(二人であるロエン-フリーダ、サリヴァン-レベッカに、いびつさを感じるように描かれている)。続きを楽しみにしよう。

 チャプター4「小さな世界」では、前回とってきた女性の素体を使って作られた神像の護衛任務がやってくる。それを依頼してきたジャンポールもまただいぶ変なやつだった。登場シーンからしてもう大爆笑。ヴァシュロンとは違った意味でノリノリ。ヴァシュロンは悪のりしているという感じだけど、こいつは天然っぽいですね。自然と神像のモデルであるリーンベルを貶しているのが面白かった。それに対するリーンベルの反応も見ていて楽しい。

 そして、肝心の任務がだいぶ難関であった。敵の攻撃から神像を守りながら、ダンジョンを進むというものだけど、普通に守りきれなかった。「ISゲージを回復してリトライ」を選べば神像のライフが回復した状態でスタートできたんですが、さすがに持ち金半分というのは厳しい。諦めてロード。直前のエピソードが面白いから全然良いんだけど。
 続いて挑んだ時はなんとか乗り越えられましたが、ボス戦でほとんど残っていなかったので、真っ先に殺りに行きました。装甲がない真横からマシンガンで削って、陣形を整えれば1ターンでなんとかなる。

 チャプター3「花」へ。カーディナルの芸術家ガリジャーノンからの依頼を引き受ける一行。しかし、このガリジャーノンがくせ者であった。声が若本さんなので、もう声を聞いただけで笑ってしまうんですが、この若本さんの使い方をわかっている感じがもうたまりません。叫ばしとけばもう面白いだろ、といわんばかりに「なんじゃあこりゃ」の連発。もうそれだけで、ここまで面白くなる人はそうはいないよなぁ。なんでこんなに「もう」を連発してるんだろうな、おれ。

 しかし、それにもましてイイキャラしているのがヴァシュロンです。これまでもリーンベルの胸がない発言とか、一転して渋い台詞とかでいい感じだったのですが、もう今回は彼の独壇場だった。目的地にいる美の妖精には手を出すなといわれると、「お触りはなしか」と、本気で凹み。実際に見つけると、デッサン人形みたいでまた凹み。場を盛り上げてくれます。
 そんなコミカルな一面を出しつつも、決めるところは決める。この世界には珍しい花を見つけ、それを摘みたいというリーンベルに対して、ゼファーは「地味な花なのに……」とこぼしますが、そこでの一言。「良いんだよ脇役で。主役(=リーンベル)が輝くだろ」的な件がもうめちゃくちゃ決まってます。まあ、いってみればその場のノリで喋っているだけなので、この後ちゃんとオチがつくんですけど(笑)。

 今回からフィールドに危険区域が出るようになったので、そこが難所だった。特に五階のが強敵だったなぁ。何度もリトライして、ようやく攻略法を見つけた。基本装甲はガン無視で、ゼファーかヴァシュロンを盾に、マシンガンを装備したリーンベルで後方からIAを仕掛けてるといい感じ。いかにリーンベルの前方にいるキャラにターゲットさせるか(そうすると背中ががら空きになるので)が重要になってくる。攻撃を仕掛けると大体そっちを向いてくれるので、通常攻撃を多用すれば、なんとかなる。大体レベル20ぐらいで、ISゲージが四つあれば十分戦えます。

 チャプター1「命の重さ」は、ヴァシュロンの過去への訪問。別に本編では語られていないような気もするけれど、ヴァシュロンは昔カーディナル(この世界のトップ)の戦闘部隊にいてただ一人生き残るという過去を持っている。何気に、三人とも死線をくぐってきたけれど死んでないという、共通項で括られる。

 闘技場が開放されたので、早速挑戦。レベルによってモンスターは固定で配置が変わる……ということなのかな。ランクは最後まであっさりと。体験版で慣れているとこの辺りは割と物足りない感じかも。その分戦闘後の三人のやり取りを楽しむ感じだなぁ。意外とコミカルなやり取りも多い。なんだよシンベルちゃんって。

 ヴァシュロンにとっても、プレイヤーにとっても、因縁の場所ルキアへ。もう身体が勝手に動いていてくれるのでさくさくと。体験版よりもだいぶ楽にクリアできた感じ。

 チャプター2「停電」。盛大に最初のムービーで笑った。twitterで相当おばかなやり取りをしていたけれど、本編でもこのノリなんだな。止めにヴァシュロンとリーンベルの、「見れたか?見えるほどないか」「何が?」「胸」の流れにもう大爆笑。

 闘技場がランク5まで解放されたので、順次クリア。ランク4ぐらいから敵の数も増えてグッと楽しくなってくるな。数が多くなると集中砲火を浴びる可能性があるので、ターン開始後すぐにIAするのではなく一旦動いて、モンスターが誰をターゲットしているのか(右下のアルファベットで確認できる)確認してから動いた方が良い。

 停電した原因を探るべく発電所へ。序盤は回復アイテムを使わなくても大丈夫そうなので、満を持してリーンベルにグレネードボックスを装備。体験版で爆弾魔のイメージがついてしまったので、これで良い。リーンベルは爆破担当。
 段差の多いダンジョンなので、タイミング良く入れ替えてうまいことRAが決まった時は本当爽快。逆に、ボス戦は真っ平らなフィールドなので、思う存分RAを決められる。被ダメ覚悟で大きい三角形を作り、ゼファーにメタルコート弾を持たせて、RAを使えばだいぶ楽に戦えます。

 ヴァシュロンが停電を直している際の、ゼファーとリーンベルのやり取りがちょっともの寂しい。このチャプター最初のやり取りでは、あんなに仲良しだったのに、お互いの出身地の差(リーンベルは最上層の人間)が二人に微妙な距離感を与えている。なんとなくゼファーはリーンベルに対して保護者っぽく接しているような気がするので、自分の知らない世界を知っているんだ、みたいな寂しさが彼にもあるのかも。

 そして、OPから一年半後から本編はスタート。EoEはチャプター形式でストーリーが展開され、最初はプロローグ「天頂の星」。黒髪の少女実験体20号は金髪の少女リーンベルになっている……で良いんだよな。ここ別にミスリード狙ってないよね。ヴァシュロンに誘われ、PMFとしてのお仕事へ。これが初の仕事ということだろうか。

 早速本拠地エベル・シティを練り歩きました。予告映像を見ていた時から、良い雰囲気の街だなぁ、と思っていたんですが、この機械仕掛けの感じが良いなぁ。意味もなく歩いてしまう。住人に話しかけたら声を上げてくれるのも、昔のラジアータストーリーズを思い出して、懐かしい。

 目的のギルドへ行くと、他にもミッションがあるのでそれらの内容を見つつ、ワールドマップへ。ワールドマップはパズルみたいになっていて、敵から入手したエナジーヘキサというアイテムを使って、歩けないところを埋めてフィールドを開拓していくようになっている。なので、早速戦闘(闘技場に行ってもチュートリアルしかなかったのでスルー)。ゼファーのマシンガンでスクラッチダメージを狙って、ヴァシュロンリーンベルでとどめを刺すというのが基本になると体験版で思ってましたが、ここではそこまでは必要なくストレートにヴァシュロンからで行けました。ヴァシュロンがちゃんと強いのが地味に感動。とはいってもまあ、効率が良いのでゼファーを先頭に切り替えて戦闘を繰り返す。無駄に繰り返す。

 インビンシブルアクション(以下IA)を使って、レゾナンスカウントを貯め、リーンベルのターンでレゾナンスアタック(以下RA)を仕掛けるのが基本動作になる感じです。

 マップを埋めたらカフェへ。そこでロエンからトランクボックスをもらい上層へ向かいます。目的地のペーターの屋敷へゼファーとリーンベルでお使い。ペーターが良い声しているのに、語尾が「でしゅ」で台無しです(笑)。別に全然引いてない二人に笑った。普通に石を渡して、無事お使い終了。ヴァシュロンに寄れば、この世にはその人だけの石があり、あれはペーターの石だったとのこと。まさに天頂の星だよ、とサブタイトルの意味を明かし、エレベーターの中から空を眺めるリーンベルさんがやたら可愛かった。自分の星?みたいな感じで感慨深げに見ているのに、変な星のイラストに邪魔される辺りがちょっとツボでした。あれがリーンベルの星なのかな。ちゃんとシャツの絵柄にあることを期待しよう。

 遠い未来の地球。人々は、天頂に向かってそびえ立つ巨大な機械の中でしか生き永らえなかった…。常に動き続ける機械、人々を導く支配者階級、そして傭兵として生きる主人公たち。幾つもの運命が交錯する物語が今、幕を開ける。

 とりあえず二時間ばかりプレイ。体験版でプレイすることになるエリアをクリアするところまで。戦闘関連のファーストインプレッションは体験版の時書いたので、割愛するとして。なかなか謎めいたはじまりの作品でした。ヴァシュロンとゼファーの戦い。そして、死んだと思われたゼファーが実験体20号を助けるOPは、えっどうなるの?という引きが良かったなぁ。マジでゼファーと20号がラピュタし出した時はどうしようかと思ったけど。あの一気に視界が開けて下層が見えた時、すごくアニメっぽい絵に見えました。何でだろう。

 他には、20号が持っていた懐中時計が割れて、壊れるシーンが描かれていたのが何とも意味深でした。

全ての運命に偶然などない

 とりあえずカテゴリ設置。ファーストインプレッション。二時間ほどプレイして、テラはずっと城への橋を越えられないでいる。いや、敵が強すぎて困っているからではなく、戦闘が楽しすぎるから。ムービーならわからないでもないですが、戦闘がPS2版と何ら遜色ない形で、遊べるのが信じられない。ディメンションリンクやデッキコマンドなど新システムを入れているけれど、光と闇の物語といい、この戦闘といい、

 プレイしている感覚は紛れもなく『KINGDOM HEARTS』。

 なので、今からでも1,2引っ張り出して遊びたくなってきた。伏線とか忘れている部分が多いので。

 引き続き上級者向けというか、高難易度に向かう時に気をつけていることとか。今の所、グレネード縛りでなければ、Lv.6までクリアしました。

 ボス戦以外は基本的に最初にゼファーを動かして、スクラッチ・ダメージを稼いでる(位置調整してレゾナンスカウント稼ぎながら)。というか、ダイレクトではまともにダメージを与えられなくなってくるので、最初の一手はこれしかない感じです。

 あと難易度が高くなればなるほど、いかに相手の攻撃を受けずに自分が動き続けるかがキーになってくるので、「打ち上げ」を意識して使うようになる(なので、最初のステージだったら仲間に近い敵を最後に狙ったりする)。ジャンプすると「打ち落とし」になるので、基本的にはそのまま走ってます。ダメージを稼ぎたい時は、ジャンプして「打ち落とし」、動きを封じたい時は「打ち上げ」と使い分けたり。
 ただこの手で行くと段差があるステージが厳しい(体験版だと四面以降)。なので、ジャンプ中でも「打ち上げ」判定が出るグレネードを使ってしまいます。世界観的にあまり手に入らないアイテムなので、なるべく使わないようにしたいんですが、うーん。この辺りみんなはどうやっているんだろうなぁ。

 ターゲット変更もだいぶミスるけれど、ミスらないようなルートを探す、ミスったらそれもそれと諦めたら気楽になった。それでも時々ミスって、ガクブルモードを体験することになるけれど(笑)。

 重要だと言われている「操作PC(プレイヤーキャラクタ)の切り替え」と「操作PCのスキップ」ですが、ヴァシュロンは結構飛ばすことも多いです(笑)。ゼファーでスクラッチ稼いで、リーンベルで確定して、ヴァシュロンでレゾナンスカウントを稼ぐみたいな。